南郷のさかな Snack Served With Drinks

春のさかな


たい たい

タイにはマダイの他、チダイや、レンコダイと呼ばれるキダイがいます。桜の季節になると産卵のために沿岸にやってきて、この頃獲れるマダイは「桜ダイ」と呼ばれ賞味されます。
主に、一本釣りや定置網、底曳網、延縄などの漁法で漁獲され、現在では養殖や稚魚を放流する栽培漁業も盛んに行われています。
その姿、色、形からお祝いごとの料理として最も重宝されている魚です。  


 

夏のさかな


かんぱち かんぱち

ブリの仲間では最も大きくなり、体長は1.5mに達し、頭部に背面からみて八の字形の暗色斑があることから、カンパチ(間八、勘八)と名付けられており、夏に産卵期を迎え、旬となり、刺身食材として人気のある美味しい魚です。
近年は養殖も盛んになり、本県海域が比較的高い水温を好むカンパチにとって限られた養殖適地であることから、ブリよりも多く養殖され、全国2位の生産量です。


しいら しいら

シイラは成長の早い魚で、秋に30~40cmだったものが翌春にはその2倍の70cm位になり、1年で1m以上にもなります。
本県では、延縄、曳縄、旋縄で漁獲されたり、又シイラが流木などにつく性質を利用して、シイラ漬けという漁法もあります。
さらには、近海カツオ一本釣りでカツオと一緒に釣れます。刺身で食べたり、塩焼きやてんぷら等どんな料理にも使える美
味しい魚です。


とびうお

とびうお

初夏から秋にかけて、本県沿岸によってくる魚で都井岬周辺で行われる「トビウオすくい」は夏の風物詩として有名です。
主にトビ延縄や定置網で漁獲されます。カルシウムが多く又、若返りの効果があるとされるビタミンEの50倍の効力があるという、セレン(ミネラル)が多量に含まれています。
刺し身で食べたり、干し物にして食べたりします。又、県南地区で食べられる「魚うどん」は絶品です。







秋のさかな


あじ あじ

本県近海で、漁獲量の大部分は旋網で漁獲されており、一本釣りでも釣られています。大衆魚として、刺身、塩焼き、酢の物、揚げ物、煮付け等で食べられます。
アジには、アミノ酸やイノシン酸が多く含まれており、ビタミンとしてはB1やB2が多く、干物はミネラルに富んでいます。本県ではマアジの他、ムロアジ等が漁獲されます。


いわし いわし

イワシ類は、主に旋網という漁法で大量に漁獲されます。
イワシには、最近漁獲量が急激に減少してきているマイワシの他に、ウルメイワシ、カタクチイワシがあり、なかでもウルメイワシの漁獲量は全国1位です。
イワシにはEPAやDHAなどの不飽和脂肪酸が多く、ビタミンDは成人の一日必要量の約5倍(100g中)も含まれており、昔から健康、長寿の食物として考えられていました。





冬のさかな


ぶり ぶり                                  

ブリは、冬場から初夏にかけて産卵するため、本県には冬から早春にかけて接岸します。このときに県内の定置網で漁獲されます。また、県北部や県南の串間では養殖が盛んに行われています。
たんぱく質・脂質が多く、栄養のバランスが良く、刺身、塩焼き、照り焼きと美味しい魚です。
栄養を貯える冬の寒いときのブリは寒ブリといって大変美味しいので有名です。


ひらめ ひらめ

2月から4月頃までが産卵期で旬となり、その頃に底曳網や刺網等で漁獲されます。
刺身でも煮付けでも美味な魚ですが、背ビレの下や尻ビレの付け根の肉は、脂が多くヒラメの縁側と呼ばれ、特に珍重されています。
資源管理型漁業の対象魚として、マダイとともに数多くの稚魚が放流されています。


おおにべ おおにべ

本県沿岸で、晩秋から春にかけて定置網や一本釣り・延縄によって獲れる魚です。
また、本県が全国で初めて種苗生産に成功し、各地で種苗放流が盛んに行われ、平成7年度の海づくり大会を記念して、天皇陛下が詩に詠まれた魚です。秋以降が特に美味しく、刺身、煮物、鍋物に最適で内臓も美味しく、捨てるところがまったくないといえる魚です。



Recent Comment

Blog Calendar

Blog Category

南郷町地域の漁業協同組合

1.三漁協の概要組合名代表理事組合長所在地南郷漁業協同組合江藤久義日南市南郷町中村乙4­6­1­4­番地3­栄松漁業協同組合竹下幸夫日南市南郷町中村乙4­1­2­9­番地外浦漁業協同組合河野賢二日南市南郷町潟上1­3­4­番地5­4­(平成2­8­年1­1­月3­0­日現在)2.役員・組合員・職員組合員役員数組合員数職員数理事監事正準計南郷漁業協同組合8­3­2­1­3­3­1­2­4­4­2­8­栄松漁業協同組合7­3­6­0­2­6­2­3­外浦漁業協同組合6­3­1­1­3­0­1­1­3­1­0­(平成2­8­年1­1­月3­0­日現在)3.南郷町地域内の漁協沿革年月内容明治3­6­年2­月明治3­4­年漁業法の発布により、南郷町目井津、栄松、贄波にそれぞれ漁業組合を設立明治3­8­年1­月南郷町三組合を合併して南郷漁業協同組合.­.­.­
ページ最上部へ