伊勢えび:南郷どれのさかな 伊勢えび

伊勢えびのさばき方

伊勢えびのさばき方
1 2 3 4
(1)イセエビの頭をしっかりと押さえ、頭と胴体の隙間から包丁を入れ、殻の内側を切り離す。 (2)背中側と腹側の両方から行う。

 
(3)包丁をぐるりと1周させる。

 
(4)頭をしっかり押さえ、胴を持ってひねりながら引き出す。
 
5 6 7 8
(5)頭と胴を外したところ。

 
(6)胴を裏返し、腹側のふちをキッチンハサミで切り離す。 (7)尾の付け根を包丁で切り離す。
 
(8)尾の方から腹の殻をはがす。
 
9
 
10
 
11
 
12
 
(9)殻の縁に包丁で切り込みを入れる.

 
(10)スプーンで殻からはがすように身を取り出す。

 
(11)身を取り出したところ。


 
(12)身を氷水に5秒程度くぐらせてしめる。
キッチンペーパーで表面の水気を取る。
13
 
14
 
(13)身をタテに2分割。
その後、背わたを取る。
(14)ぶつ切りにする。
 

 

PDFロゴ





見出しタイトル

テキストを入力します。

見出しタイトル

テキストを入力します。

 

伊勢えびのみそ汁

伊勢えびのみそ汁

工事中・・・。














 

Recent Comment

Blog Calendar

Blog Category

南郷町地域の漁業協同組合

1.三漁協の概要組合名代表理事組合長所在地南郷漁業協同組合江藤久義日南市南郷町中村乙4­6­1­4­番地3­栄松漁業協同組合竹下幸夫日南市南郷町中村乙4­1­2­9­番地外浦漁業協同組合河野賢二日南市南郷町潟上1­3­4­番地5­4­(平成2­8­年1­1­月3­0­日現在)2.役員・組合員・職員組合員役員数組合員数職員数理事監事正準計南郷漁業協同組合8­3­2­1­3­3­1­2­4­4­2­8­栄松漁業協同組合7­3­6­0­2­6­2­3­外浦漁業協同組合6­3­1­1­3­0­1­1­3­1­0­(平成2­8­年1­1­月3­0­日現在)3.南郷町地域内の漁協沿革年月内容明治3­6­年2­月明治3­4­年漁業法の発布により、南郷町目井津、栄松、贄波にそれぞれ漁業組合を設立明治3­8­年1­月南郷町三組合を合併して南郷漁業協同組合.­.­.­
ページ最上部へ